探偵を選ぶのは実績か、それとも料金か。

探偵を選ぶのは実績?それとも料金?

探偵を選ぶとき、調査を失敗してほしくない、料金は安いところがいいといった、探偵を選ぶ条件があります。どんな条件で探偵を選ぶかは、その人によりますが、探偵の選ぶ方を失敗してしまうと、後でトラブルになる可能性があります。

どんなトラブルが発生しているかというと、高い調査料金を払ったのにも関わらず、調査を失敗して、料金の一部の返済を要求したら、探偵に拒否されたなどのトラブルです。

こうしたトラブルは国民生活センターなどに報告されていますし、インターネットで調べてみると、探偵とのトラブルについての書き込みを複数見つけることができます。

このようなトラブルが探偵との間で起こらないよう、探偵を選ぶときは慎重に、そして、探偵について知識をしっかり持って探偵へ調査を依頼しなくてはなりません。

別に探偵も依頼者を騙そうとしているわけではなく、探偵が説明を怠っていたり、説明をしても依頼者がいまいち理解していなかったため、依頼者と探偵との間に認識の反故が生じていたということはよくあります。

探偵を選ぶときは、その探偵事務所の実績と、探偵の料金、どちらかを重要視するのではなく、どちらも重要になります。

難しいことを言っているように思うかもしれませんが、探偵のことを調べていくうちに、探偵の実績と料金、両方が大切なんだということを理解していただけると思います。

それでは、探偵の実績と料金、この2つが重要な理由について解説していきましょう。

探偵の実績はどこを見るか

探偵の実績と言われても何のことかよくわかりませんよね。他のサービスなどでは、お客様アンケートだとか、第◯◯回▲▲ランキングといった物で、サービスの実績を調べることができたりしますが、探偵の実績はハッキリ言ってよくわかりません。

この探偵の実績を調べるなら、探偵事務所が開業してから何年経っているか、過去に探偵業法やその他の刑法や条例に違反したことが無いか、報告書のサンプルなどで、探偵の実績を調べることができます。

探偵の調査というのは、業者の中には、違法な行為で調査を行うことがあります。もしも違法な調査を行っている探偵がいた場合、刑事処罰を受けていたり、営業停止処分を受けたことがあるはずなので、警察のホームページから調べることができるので、すぐにわかります。

また、探偵の調査報告書とは、依頼した調査が終わったあとに、依頼者が受け取る調査の成果になります。調査報告書は、裁判のとき、証拠として裁判所に提出することがあります。
しかし、裁判所に提出した調査報告書が証拠として認められないケースもあります。

その理由は、裁判所が証拠として認める書式に則って報告書が作成されていなかったり、報告書に添付された証拠写真が不十分(写真が不鮮明)だった場合、高いお金を払った調査の報告書が、裁判所から認めてもらえないということがあるのです。

この報告書は探偵事務所によってサンプルを見せてもらうことができます。サンプルを見て、裁判所が求めるレベルの出来であるのか確かめることができます。

確かめる方法は、自分で裁判所が求める報告書について調べておいて、それと比べてもいいですし、法律の専門家(弁護士や司法書士)に相談をして、サンプルの報告書に問題が無いかを見極めてもらうといいでしょう。

探偵の料金で感じる疑問

探偵の料金は高いというのが一般的な、探偵の料金に対する認識です。少し調べてみてもわかるように、素行調査で20万円、浮気調査で30万円と、数十万円するのが探偵の料金です。

そこで疑問なのが、何故ここまで高額な料金なのかという点です。
高額な料金を支払うのだから、その詳細はハッキリとさせたいと思うのも当然です。

探偵の料金は主に3つの項目で分けることができます。
・人件費
・諸経費
・成功報酬

このうち、もっともお金がかかるのが人件費になります。およその相場ですが、調査員1名に1万円弱というのが相場です。もっと正確に言えば、調査員1名、1時間で1万円ということなので、調査員を5名、10時間の調査を依頼したら、単純に人件費50万円の調査ということになるわけです。

諸経費とは、その調査にかかった費用です。調査では車やバイク、電車といった移動手段を使って調査対象者を尾行することもあります。そうした移動手段の燃料費、運賃などが諸経費に含まれます。
また、諸経費には、調査機材などの使用料金も含まれます。

成功報酬とは、調査が成功したら探偵に支払う報酬のことです。成功報酬は人件費の何%といった具合で、特に決まった金額があるわけではありません。探偵の都合によって違います。
ここまで聞いて、料金のことで注意しなくてはなんないことがなんとなくわかってきたのではないでしょうか。

こうした問題を解決する方法と、そして探偵の選び方についてこのサイトでは紹介していきます。